単位制高校 大智学園高等学校  

03-5925-2773

資料請求

単位制高校の大智学園高等学校  

春の訪れ

春の訪れ

最近は気温も上がり

過ごしやすい日が続いています。

校庭に出てみるとかわいいお花が咲いていました。

調べてみると「水仙」でした。

 

水仙とは

 

科・属  ヒガンバナ科・スイセン属
和名  水仙
英名  Narcissus
学名  Narcissus
原産地  スペイン、ポルトガル、北アフリカ
開花期

 2月~4月

(引用元:NHKみんなの趣味の園芸)

 

水仙は冬の花で、冬から春にかけて開花します。

スペインやポルトガルのイベリア半島と

モロッコやアルジェリアなどの北アフリカを原産地としています。

イベリア半島や北アフリカ周辺は元々1つの国として成立していた時代もあるので

歴史を感じる花ですね。

 

学名の由来

水仙の学名はNarcissusですが、 これはギリシャ神話と関係しています。

ギリシャ神話に「ナルキッソス」という美少年が出てきます。

このナルキッソスは、水面に写る自身のあまりの美しさに心を奪われ

そこから離れることが出来ずにそのまま死んでしまいます。

諸説ありますが、その時に咲いていた花が水仙であったため

そのままNarcissusが水仙の学名となりました。

ちなみに、花言葉は「うぬぼれ」と「自己愛」。

これもギリシャ神話に由来しているのです。

 

終わりに

大智学園では紹介した水仙以外にも様々な種類の花が咲いています。

暖かい日が続き、校庭の桜も今年は開花が早そうです。